THE OTERSと仕事と人生

人には向き不向きがある。おれにはやっぱUKサウンド向いてないかも。それは、話題の(?)ジ・アザーズでもそうだった。ロキオン(最新号)の記事で感情移入しておいたにもかかわらず。でも「LACKEY」の歌詞はグッときた。


たいして払いも良くない職場でおべっかなんか使いたくない
あんたの話なんか聞きたくない、今日も
やつらにこの魂を売る気はない、今日も
おいらの人生、捨てる気はない
("LACKEY")


こう歌ったドミニクは、マーケットリサーチの会社で働いていたという。そして通っていたクラブで「昼はバンドやってる」と嘘こいていたら、いつの間にかライブをやることになり、急遽集めたメンツで演奏して、そのままのし上がってきた。「21世紀のワーキングクラス・ヒーロー」の異名通り、彼らのキッズとの連帯感は半端ではなく、ドミニクは携帯番号をネットで公開して、ファンがいつでも電話をかけれるようにしている。


しばらくどこかに抜け出して、新しい考え方してみたい
バンドを始めよう、心機一転てわけさ
きっと抜け出す手段はある、自由になること考えよう
たたの夢で終わらせちゃまずいからな
("LACKEY")


クソみてーな仕事からドミニクたちは脱出したわけだ。俺の仕事はかなりやりがいあるけど、やっぱ資本主義社会だから情を切り捨てなきゃイカン場面もあるわけで、そういうときはパンクや酒に託すことになるんだろうなー。まだそういう場面はないけど。

アザーズはラジカルなやり方で「あっち側」と戦っている。俺も俺なりに戦おう。アザーズは賛否両論を呼んだ「THIS IS FOR THE POOR」でこう歌っている。

これは故郷を離れた人のための歌
これは群集の中で孤立してるキッズのための歌
故郷を離れた人のための歌
群集の中で孤立してるキッズのための歌

これはがっかりしている人のための歌
その失望ひとつのため
がっかりしている人のため
その失望ひとつのため

これはひどい扱いを受けている人のための歌
毅然と立ち向かう人のための歌
ひどい扱いを受けている人のため
毅然と立ち向かう人のため

これは貧乏人のための歌、おまえらみたいな金持ちのガキじゃなくて
これは貧乏人のための歌、おまえらみたいな金持ちのガキじゃなくて
これは貧乏人のための歌、おまえらみたいな金持ちのガキじゃなくて
これは貧乏人のための歌、おまえらみたいな金持ちのガキじゃなくて

これはずっと戦ってきた人のための歌
学校をやめなきゃならなかったキッズのため
ずっと戦ってきた人のため
学校をやめなきゃならなかったキッズのため
("THIS IS FOR THE POOR")





大人なら託せ!
と言ったのは遠藤浩輝(漫画家)であるが、俺も今焼酎とアザーズに人生の悲哀を託しています。今の仕事、やりがいあるけど、夢に生きたいという希望は捨てきれない。
だから妥協案として休日クライマー&平日パンクリスナーでなんとかバランスをとってます。みんな、形は違うだろうけど、こんな感じでなんとか踏ん張っているんだろーなー。
[PR]
by g2005 | 2005-05-19 01:52
<< ブルース=スプリングスティーン... 「ルポ 戦争協力拒否」 >>