上京後

 3月中旬に退職、その翌日に飛行機で上京し、某出版社の入社試験を受ける。その日 は、山で知り合ったバム系クライマー(*1)たちの住む巣鴨(というより茗荷谷)のアパートに泊まり、クライマー2名(ボロアパート住人)+同住人のパンク+俺の4人でどんちゃん騒ぎする。周りが超高級住宅地なので、防音がしっかりしているらしく苦情はこないようだ。他の住人もギター弾いたり耳が遠いおばあちゃんだったりでノープロブレム。しまいにはギターを引っ張り出しブルーハーツを歌い出すありさま。「4人いたらバンドできるじゃん!」ということでスタジオにいくことになった。

 2~3日滞在して御岳で岩登りなども楽しみ、帰鹿。3月の残りを、引っ越し準備などに当てる。

 3月末日、引っ越し。鹿児島加世田を引き払い、宮崎の実家へ。この日、1次試験通過の知らせ。二次は4月7日。その間に保険的に登山系ツアー会社の面接を受けに福岡へ。事情を全部話したが、快く「落ちたらウチにきなよ!」と言って頂けた。

 4月7日、上京。巨大なボルダリングパッドを担いでお茶の水駅で乗り換えたりするのにはかなり危険を感じた。東京の友人たちとのメールのやりとり(「面接なんかなんとかなる」「リーマンなんかどうでもいいだろ」「リーマンなんか止めてクライミングバムになれ」「もっと人生ランナウトしろ(*2)」)などの数々のありがたいアドバイスのおかげでかなりリラックスしていた。


面接官「弊社の業務は~といった感じなんですが、Gさんはどのようにお考えですか?」。
俺「楽しそうですね。」
面接官「楽しそう!?」


面接官「弊社を志望した動機をお聞かせ下さい」
俺「待遇が良かったという点と、私のキャリアを活かせるということ、さらに、御社のことは~で存じ上げていたので、これも何かの縁かなと思い、受けさせて頂きました。」
面接官「え?待遇、そんなに良くないですよ…(面接官同士で苦笑)」
俺「そうですか?そんなことはないと思いますけど」

面接官「鹿児島から出てくるのは大変でしょう。お金もかかったんじゃないですか?」
俺「正直なところ、御社しか受けていませんので、よろしくお願いします」


こんな調子でかなり型破り系だったと思うが、とりあえず「御社の犬になります」「私困ってるので助けてください」と言うことはアピール。

面接結果が出るまで例のボロアパートに転がり込む。前回の飲み会での決定通り巣鴨の貸しスタジオへ。全曲ブルーハーツ。俺はボーカル(楽器弾けないしね…)。楽しすぎ&興奮しすぎて、このあとジンマシンが出た。

面接結果が出るまでの間、区役所に行ったり職安に行ったりクライミングしたり。

4月14日 最終的な面接。事実上採用決定。さすがに居候は不味いだろうということで部屋探しを始め、池袋の格安物件を問い合わせたら、敷礼0という恐るべき物件を紹介され、即決定。6畳、水道、便所、風呂・ガス無し。概観は爆撃直後。
ドアは傾いていて途中までしか開かない、便器が割れてる、窓のカギが壊れている、排水口から悪臭などの、住んでみて分かった数々のトラブルがあったが、風呂が徒歩1分なのはありがたい。
c0011531_142498.jpg


4月21日 初出社
楽勝。こんなんでええの?

以降、仕事を覚えながら徐々に悪臭や水回り、窓のカギなどを改善しつつ、仕事帰りにクライミングジムに寄るというかなり理想的な生活を送っています。
しかしこの部屋の悪臭はちと手強いです。6割くらい改善しましたが、完治は無理です。最悪、水道屋を呼ぶしかないな…。


社会的なことを何も言ってませんでしたね。
とりあえず去年貯めた金はあっという間に無くなり、親に金を借りました。
3月25の給料から丸2月で40万使ったことになります。
まあGWに山行ったし、九州と東京を1,5往復して家まで借りているんだから当たり前と言えば当たり前ですが、コトを起こそうと思ったとき、やっぱり4~50万はないとキツイと言うことです。果たして、この低賃金社会でそうした金をそう簡単にためられるんでしょうか?

また、このアパートに住んでいる方は様々ですが、バム系など「やりたいことがあって、それを優先するためにボロアパート」という方もいれば、ただ金がない日雇いの方もいます。水商売のおばさんもいます。
そして、年金で生活されている方がいます。

年寄りをこういうギリギリ系ボロアパートに住まわせて良いんでしょうか?絶対に年寄りに優しい造りになっているとは思えないこのアパートに。
電車に優先席設けてる場合じゃないんじゃないですか?
福祉って何?
など色々考えてしまいます。
[PR]
by g2005 | 2006-05-23 01:38
<< 横浜市のベッドタウン ~育ちの... S氏の問題提起 ~俺なりの考察 >>