横浜市のベッドタウン ~育ちの故郷に行ってみた~

 社員旅行で東京ヒルトン(!)に宿泊。旅行といっても金曜の宴会と宿泊以外何一つ制約がないので、本社勤務のや東京近辺の営業所員はやることがない。ところが宴会で社長が「これで遊んでこい」と全出席者に5000円ばらまいたので、さすがにそのまま財布にいれてしまうのも不義理が過ぎる。中3まで住んでいた横浜栄区に行くことにした。

 根岸線の港南台で降りて、歩いて母校の中学校へ。
 通りから一本入って住宅地方面へ。あるいてみるとこのあたり、本当に家しかない。ビール片手にフラフラしようと思ってたが物理的にむり。中学校の前に昔あったスーパーは駐車場に変わっていた。
 中学になってからよく行くようになった公園は工事でキャッチボールすらできないありさま。やっと小さな酒屋を見つける(というか思い出す?)が、既に尿意がMAXでこの上ビールを飲むとやばそうだ。ていうか公園にトイレが全くないなあ。仕方ないので通りに出てコンビニで便所を借りる。
 次なる目標は俺の通った小学校。通学路の商店街は5割くらいがシャッター化。なんで?商店街の中にある昔よく来た「ラーメン藤」に入ったら、おばちゃんがまだ俺のことを覚えていてかなりビビった。
 その後もウロウロするが基本的に家しか無いので面白くも何ともない。市立のプールは入場料が子供60円→100円になってた。うーむ。そもそもこのプール、焼却炉の余熱を利用してるんだから原油価格の高騰は関係ない筈なんだが…
 家の近くにあったもう一つの商店街。こっちは、本屋の横にゲーム機が5台くらい並んでいて、1ゲーム30円くらいだったのでよく通った。が、今日は行かなければよかったね。商店街の8割(誇張でもなんでもない)がシャッター。うーむ。

 
 最後にこの町に来たのは大学一年の時だからもう6年前になる。その時はこんな風に歩き回らなかったし、頭も悪かった(今も大してよくないけど)から分からなかったけど、色々とあったみたいだな。というか、俺の「見る目」が変わったんだろうけど。
 まあ、住んでる奴が年取って、ガキは大人になって、大人は年寄りになって、その間にまたガキが生まれ、それで年寄りはさらに年取って死んだり介護施設に押し込まれたりっている変化はどこにでもあることで。
 ここってモロ「ベッドタウン」なのね。みんな家が立派、やたらと庭がキレイ、家に駐車場があるってのはもうデフォルトみたい。(1時間にバスが7~8本あるのに車がいるのか?)
 多分、パパは月~金は通勤、ママは専業主婦で買い物は車、ボーヤは学校に通って、土日は家族でショッピングモールに出かけたり、出かけないときパパはガーデニングってところだろうな。ここに住んでるガキ共は何してるんだろう?俺がガキの頃はそこら中で遊び回って、公園にはいつもガキがいて、場所の取り合いでケンカになったり野球でケリをつけたりしていたが、今の公園は草ぼーぼーだったりする。そのうち大事件が起きなきゃいいけどね。
 気になったのが「斜面にマンション建設反対」とか、宅地造成に反対する看板。おいおい、お前のすんでいるココだって、昔は山だったんだぜ。俺はオーケーだけどお前はダメってか。もう何十年も前から「建設予定」のままの高速道路予定地もそのまんま。まあどうでもいいけど。でも開発に反対するなら、分別とか相乗りとか公共交通機関の利用とか推進すべきなんだろうけど絶対やってないだろうね。
 買い物とか、ガソリン代とか保険などの総コスト+各家庭が遠出した場合の大気汚染やCO2排出を考えれば遠出するより近くの商店街の方が得だったりするんだけど、「車を持つこと」がデフォな地域で商店画の壊滅は避けられないようです。ステータスでもあるし、先のライフスタイルに疑問を持たないようではね。
 残るのは、車ににおいがついちゃう魚屋と、揚げたてのコロッケがオイシイ肉屋と、毎日買う野菜を売ってる八百屋だけ。たまにメシ屋。ちなみに池袋は逆で、メシ屋はどんどんチェーンに押されてるけどね。


 九州の田舎や東京の都心を体験し、大学でそこそこ勉強した俺の目に映った「故郷」は「病気」に見えました。あのままあそこに住んでいたら、あれが普通と思っていたわけで、引っ越しをしてくれた親に感謝しています。もしもあそこにいたら絶対に今パンクを聴かないしやってないだろうし、ましてやクライマーはやらなかったでしょうから。

 とはいえ、大なり小なりどんな所でも不健康な部分はあるわけで。田舎はやたら因習的で男尊女卑で、みたいなね。故郷は、カオスや不健康さが全くない、そういったイレギュラーな要素を徹底的に排していました。その意味で病気でした。なんというか、とにかくうさんくさいというか。真性ライトなウイングの方は、「崩壊していく古き良き日本」をどう思っているのでしょうか(笑)。まあ「昔がよくて今が悪い」ってのは大概の場合思い出を美化しているだけで、今日の俺は「昔からおかしかった故郷を再発見した」といったところだろうけど。帰りにアマルティア=センの「人間の安全保障」を読みながら、ああいう良い家に住んでいたら絶対に理解不能だろうなと思った。教育やまともな居住空間はあそこにとってデフォルトだろうから。同じ日本でも荘でもない地域は既にかなり存在するのですがね。
[PR]
by g2005 | 2006-06-03 22:08
<< ええ~ 上京後 >>