久々投稿

 約半年のブランクの間、まあ色々考え、思うところもありました。
 主張が無くなってしまったわけではありません。結局、どこへ行こうが何をしようが、本質的なことは何も変わらなかった、そのことを理解した半年間でした。

 九州にいることはエサもろくに食わせてもらえない犬でした。噛みつく牙はありましたが、噛みついたが最後屠殺処分です。そんな「冥土のみやげ」的な神風アタックはできませんでした。
 で、半年前、東京に来てみました。エサは多少良くなりました。でも、やっぱり飼い犬は飼い犬でした。結局俺は奴隷でした。「最強伝説 黒沢」に画かれているように、まさに「社会」の壁は厚すぎます。
 それでも俺は歌うでしょう。あきらめないでしょう。あきらめて心まで飼い犬になったほうが、おそらく出世したり給料がよくなったり、楽になったりするでしょう。他人をこき使って自分は楽をする人間になったほうが、TVを見て笑っていた方が楽でしょう。
 でも俺は、せめて心だけは人間でいたいのです。

 毎日サービス残業を強いる会社よ、俺のことを笑う上司よ、俺のことをキチガイ扱いする同僚よ、ありがとう。
 あなた達のおかげで、「敵」の姿を見失わないで済みました。
 危うくウマいエサに誤魔化されて、苦しい戦いを続けている人々のことを忘れる所でした。
 あななたたちのおかげで、ちょっとした個人的な好待遇という「小さなYES」の愚かさに気付くことができました。俺に必要なのは「小さなイエス」ではなく「大きなYES」でした。


 というわけで、今週からまた発信して行きたいと思います。
[PR]
by g2005 | 2006-09-09 01:25 | 主張
<< 身近な「いじめ」と社会  「ワールドカップとか興味ない... >>