<   2004年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

情報に踊らされ、他人に依存するマリオネットのままでいいのか!?

 僕は、今年度の初め頃、確か6月くらいだと思ったが、友人に手伝ってもらって、TVを実家に持って帰った。家電リサイクル法がなければ、叩き割って粗大ゴミに出していただろう。とにかく下らない番組に辟易していた。部活や研究で(ちょっとだけ)疲れて帰ってきて、さて部屋でくつろごう、と思っているのに、TVのスイッチを入れて5分後には「死ね!このウジムシ野郎!」という気分になり、くつろぐどころか疲れてしまう、そんなパターンに辟易したのだ。もちろん、TVというハードが全面的に悪いのではなくて(一方通行という問題などはある)、くだらない番組を作るマスコミ人に問題があるし、そしてそれを見て笑い、受容するカスが決定的に多いということに問題がある。素晴らしい番組だってたまにはある。問題は、番組の90%以上が僕を「クソヤロウ!」な気分にさせるということだ。末期には料理番組と天気予報しか見てなかったな。
 ニルヴァーナのカート・コバーンは、93年8月(自殺する3ヶ月前)に、アルバム「イン・ユーテロ」に関するインタビューの中で以下のように述べている。

(インタビュアー)
"ダム"の歌詞はとりわけ直接的に思えます。人生における、単純で、下らないけどささやかな楽しみを歌っている、"I think I'm dumb/Or maybe just happy"(俺は馬鹿だよ/それとも単に幸せなだけかな)なんて、これは今あなたのおっしゃった、これまでになかった楽観性を反映しているんでしょうか。それとも皮肉として捉えるべきですか?
(カート)
「それはすぐ面白がる人間を歌っているだけだ、知性を伸ばせないばかりか、10時間テレビを見続けても何の不満もなく、心から楽しめる人間のことさ。愚かな人間はたくさん見てきたよ。くだらない仕事して、完全に一人ぼっちだったりしてさ、ガールフレンドもいない、それでも、どういうわけか、幸せなんだ」
(インタビュアー)
そういう人が羨ましくなることはありませんか。
(カート)
「時々ね。なんか薬があって、それを飲んだらテレビ見て笑えるようになって、人生の単純なことを楽しめるようになれたらいいのにな。(中略)」
(ロッキングオン2004年4月号94p)


 これが決定打となり、僕はTVとバイバイした。周りの意見を聞くと「スイッチつけなきゃいいじゃん」とか「そんなにTV番組をヤバイと思ってるのはオマエだけだよ」とか言われ、なんだか僕が変わり者のような気がしていたが(マイノリティであることは間違いない)、似たようなことを考えている人がいてややホッとした。ロッキングオン2005年1月号の古山氏のレビューである。


 夕方のニュースを見ていると、ふとした瞬間に自分自身を疑いたくなることがある。行ったことがない国で人が殺された報せに悲しみ、バカな評論家が煽る実際には起こりもしょうのないような最悪の事態のシュミレーションに不安を覚え、一貫数千円の寿司の映像にヨダレを流し、仲間由紀恵のCMにちょっと嬉しくなり、ひいきのチームの試合の途中経過に一喜一憂し、天気予報の頃には酔いが回ってどうでもよくなる。一時間のうちにこれだけの「感情」の変化がありながら、それを当然のものとして何も考えずに受け入れていることに怖くなるのだ。その度に周りを見回すけれども、誰もそのことを気にしていないようだし、僕自身そんな疑問や不安に対しての興味は数分も経てば消えて、また数ヶ月は現れなくなる。(中略)
 そもそも「感情」とは、外からの刺激を自己の価値観の中でどう捉えるかによって生じるものである。だから、内面世界でそれが生まれた瞬間は個人個人で微妙な違いがあるはずだが、現実世界に還元されたとたん、よほど強い意志を持つか少数派のものでない限り、現実世界の秩序を守る道徳・倫理観に枠組みされた均一的な「感情」の分類に振り分けられ、どれが自分のものかわからなくなってしまう。しかし、それでも満たされた気になるのは、その枠組みにあてはまることができたことで、現実世界での自己の正当性と正義感を保てたことに安心するからであろう。こう考えると、「感情」とは現実世界で生きていく為の内面世界の補整や修正をするドラッグ以外のなにものでもない。結局、我々は「感情」そのものではなく、それが現実世界で行き着く先に快感を覚えてしまったため、内面世界での「感情」に目を向けなくなってしまったのかも知れない。
 (中略)ただこの数年、社会があまりにも「善いこと」と「悪いこと」が明確なものに変化していった中で、多くの人間が同じものを見続けてきたせいか、個人の価値観と社会の価値観が接近しすぎてしまい、それにともない、個人の「感情」がストレートに現実世界の「感情」の枠組みにつながるという危険な錯覚も生まれてきてしまった気がする。例えば数年前、マスコミが煽って「癒し」や「勝ち組・負け組」なんて言葉がちょっともてはやされ、あの女優は癒し系で、ここの社長は勝ち組で、そのドラマは純愛で…というように、誰もがあらゆる事象にそれをあてはめた。あらかじめ価値観の枠組みを設定し、それにあてはまる事象のみ見続けた結果、その事象自体が具現化した「感情」として扱われるようになってしまったのだと思う。
 そんな中、その状況につけいったのか、その真っ只中にいて「感情」に酔いしれているヤク中が作っているか分からないが、最近、均一化された「感情」の枠組みを押しつけるような愚かな小説や映画、音楽が氾濫し、多くの人間が作品に触れる前から期待していたお目当ての「感情」を得て、我が物顔で自分独自の「感情」のように自慢げに「感動した」、「悲しかった」と言い放っている。(中略)このように安易に売買される「感情」を作ったり、手にしたりして満足している人間を見る度に、僕は彼らを殺したくなる。そして、そんな反道徳的な「感情」を抱いているにもかかわらず、僕はその時、現実世界で生きていくための内面世界の補整や修正をしているように感じるのである。僕は病んでいるのだろうか?
 (中略)一方、ロックは表現者の内面世界の一部を切り取って抽象的な世界に創作していったため、入り口は広く、最初はリスナー一人一人が自由な捉え方で「共感」していたのだが、シーンの拡大によりその抽象的な世界自体が一つの価値観や枠組みと化した時、表現者の意図とは異なる問題も内包して「依存」の対象となっていった。そして、それを受けて表現者はインタビューでの補足に追われるようになり、犠牲者まで生むことになる。(中略)
 (中略)ブッシュがまた大統領になった今、反ブッシュを唱えてきた人びとはこれからの4年間をどう過ごすのだろう?と考えたとき、結局迫ってくるのは「個」としての在り方だと思う。ポピュラー・ミュージックはそこまでは提示してくれないし、それを示す必要もない。なぜなら、そこには聴き手個人の希望を託す余地が存在するからであり、それこそが過去何度も社会変革に失敗してきたにもかかわらず、未だに我々がポピュラー・ミュージックに夢を見る理由である。
 (中略)音楽は世界を変えなくても、人間を変えることはできる。そんな基本的なことを忘れて、いつまで「依存」を続けるのだろうか。今、この瞬間も世界中のどこかで音楽は鳴り、どこかで人が殺されている。あなたの「感情」は、今どこにありますか?
(ロッキングオン2005年1月号147~148p、"あなたの「感情」わたしの「感情」~エリオット・スミスの遺作『フロム・ア・ベースメント・オン・ザ・ヒル』によせて~")


 僕は古山氏の言いたいことに全面的に賛同する。もちろん、事実認識のレベルで僕にとってやや肯定しかねる部分もある。『ただこの数年、社会があまりにも「善いこと」と「悪いこと」~』という下りがそれで、むしろ明確な価値軸を自分自身では(経験や勇気の不足で)打ち出せないヘタレどもが、マスコミやクソ野郎が打ち出した価値観に飛びついた、という捉え方を僕はしている。ちょうど、若者が日の丸に飛びつき、他人を誹謗するのに似ている。彼らは偏狭なナショナリズムから「韓流ファック」と言うが、主体性の欠如したメンタリティーは変わらない。ようするに、他人の作った価値観や構造に飛びつき、あてはめ、カタルシスを得るという意味において共通したヘタレなのだ。ただこんなことは枝葉の部分で、古山氏に賛同するということに影響はないが。
 僕も『安易に売買される「感情」を作ったり、手にしたりして満足している人間』に対しては、「おまえさん早く死んだ方がいいぜ」と思っている(つけ加えるなら「感情」だけでなく「価値観」も)。みんな、自分の頭で考えていないのだ。マスコミや一部のクソ共のプロパガンダが提供した「価値観」に従い、心の中から表出してきた何かを、既成の「感情」や「認識」に振り分けて喜んでいる。
 もちろん、僕の憎悪の対象はバラエティー番組の「笑い」といったポジティブな感情の「安売り」にも向いている。なんであんなくだらねえ事で笑えるんだ?それって他人のことだろ?芸人が何をどうしようが、自分自身とは何の関係もないだろ?頼むから、飲みの席で芸能人の話するなよ。お前と飲んでいるのは誰なんだ?
 また、こうした「感情」の状況について山崎洋一郎氏は以下のように述べている。

(モリッシーやキュアーの復活に関して)
 彼らは常に他人と距離を置き、物事に対して懐疑的で、周囲の状況に対してとりあえず反射的にNOと言ってしまうような気質があり、あれもNO、これもNOと言っているうちに出口がなくなって閉じちゃって、変な風に爆発しちゃうのである。これが80年代の屈折メンタリティーであり、ロックに対してすらNOと言った挙げ句に異形の音楽が次々と生まれていったのである。(中略)だが、今回復活を遂げた彼らは、もはや単なるNOではなかった。その復活作はどれも、これまでの異形のスタイルやコンセプトを貫いたまま強力な肯定性を放っている。今回の復活が同世代だけでなく若い世代からも賞賛されたのは、屈折したメンタリティーを何十年も貫きながら今の時代に大きな影響を与えるほどの普遍的な存在感を持ち得た彼らに、力強いYESを見いだしたからに他ならない。
 テロの多発だとか中学生による殺人事件だとか、まるで悪い夢でも見ているような気分にさせられる邪悪な事件が途切れる事なく次々に起きている。こんな世の中には、誰もがNOと叫ぶだろう。だが同じように、『世界の中心で、愛を叫ぶ』が300万部売れたという事実にも僕は悪い夢でも見ているような絶望的な気分にさせられる。パンク・ロックに相田みつをの詩を載せたみたいな青春パンクを聴いて若者が涙ぐんでいるのを見るのも僕にはひどい悪夢だ。『世界の中心で、愛を叫ぶ』を読んで、あの三流のドラマに感動した人は、きっと感動したかったんだろう。みつをパンクに涙ぐむ人は、きっと泣きたいのだろう。自分が今生きている世界に対して巨大なNOを言わざるを得ない代わりに、ささやかでもどこかでYESと言いたい。それがこうした三流のYESの大安売りとなって現象化しているのだろう。みじめな「ガス抜き」の構造。三流のYESでガス抜きすればするほど、戦うための唯一の武器であるNOは錆びつき、本当に確信に満ちたYESにたどり着く日は限りなく遠のいてしまうというのに。不治の病で死んだ恋人の物語に同情して泣いたって何も変わらない。「人間だもの」とか「そのままでいいがな」とかいう詩を読んで自分を許したって何も変わらない。何も変わらないという最も絶望的な構造にゆっくりと飲み込まれていくだけだ。
(ロッキングオン2004年8月号200p"激刊山崎")

 付け加えるならば、他人の不幸や勘違いしたつっこみ(と称する暴力)をネタに下品に笑い(「喜び」か?)を取るバラエティーも「三流のYES」であろう。まあ、笑いには免疫力を向上させる作用があると聞くから、サプリメントと割り切っている分には良いかも知れない。クソコメンテーターやクソ学者の討論は言うまでもない。
 古山氏や山崎氏の主張を聞くと、長渕剛が"Captain of the ship"で執拗に「お前がどうするかだ、お前がどう動くかだ」「お前がやれ、お前が舵を取れ」「お前が行け」と叫んでいたのを思い出す。『結局迫ってくるのは「個」』という古山氏の指摘は鋭い。僕もそう思う。僕たちが、したり顔してもっともらしいこと言うウザイ奴らの抑圧をはねのけ、自分自身の幸福を追求するためには、「お前がどうするか」が大事なのだ。「癒し」とか言ってる場合じゃない。「伝統」「愛国心」とか言ってる場合でもない。(その実態は、明治政府が作った「思い出」だったり、「愛国故の反抗」を抜きにした「政府に従う=愛国心」だったり)
 自分の頭で考え、行動する。それだけだと思う。それが他人の権利を侵害しない限りで。マリオネット人生からおさらばしようぜ。まずはTVから離れてみよう。




TELEVISION DREAMS OF TOMORROW
WE'RE NOT THE ONCE MEANT TO FORROW
FOR THAT'S ENOUGH TO ARGUE


テレビは明日を夢見てるけど
そんなものに従ってどうする
それだけで 既に疑わしいじゃないか

GREEN DAY  "AMERICAN IDIOT"より
[PR]
by g2005 | 2004-12-11 23:02 | 主張

結局重要なのは歳を重ねることではなく、主体的に生きることだ

(バイトの)登山ツアーでジジババによく説教されるが、奴らは二言目には「俺も(私も)若い頃は…」「若いねー」「最近の若者は…」。
ジョー・ストラマーの「月を掴む」ような生き方とは無縁だな、ケッ。(何のことか分からない人はザ・クラッシュ"ロンドンコーリング"のライナーノーツを見てください)

まず一言いっておきたいのは、年寄りのいう「伝統」「昔は…」の90%は伝統ではなく思い出(明治政府以来の「上からの伝統」)だということ。特に家父長制に完璧に毒された年寄りには現代の恋愛観や結婚観は理解不能(そのわりにオバサンはセカチュー好きだが)なので、その手の話題が出たらスルーだ。例えば

「最近の若い夫婦って、男が家事をしたりするのね」
「いやー、共働きなら当たり前でしょ」
「私の若い頃はそんなことなかったわ」
「そりゃ、今は共働きせざるを得ない社会構造(労働政策)すから」(アウトソーシングの時代!)
「でも私は文句一つ言わず家事をしたわ」
「専業主婦と共働き家事半分こと、どっちが楽かとかわかんないんじゃないすか」
「らくとからくじゃないとかじゃなくて、それが伝統って言うか、当たり前でしょ」
「それは明治以来の伝統ですよね。明治政府の作った家父長制という偽の伝統ですよ」
「そうかもしれないけど、私の若い頃は…」
「(いい加減疲れて)まあ、結局当人の問題すから」
「そうかも知れないけど、乱れてるわ」
「いやだから、家父長制の方が(日本の)歴史的に見れば乱れてるわけで…」

こんな調子である。伝統とか言わず、「私はそういうのは嫌い。だって私もそうしてきたんですもの」とでも言えばいいのに。
あと、ちょっと荷物を担ぐと「若いねー」だ。バカヤロ、トレーニングしてるんだよこっちは。貴様のビール腹と一緒にするな。

色々言いたかったが、若い頃から飼い慣らされてきた人たちには何言っても無駄であろう。
[PR]
by g2005 | 2004-12-11 22:53 | 主張

自己紹介とサイト案内

色々社会に対して敏感な(?)20代半ば。
実は他にもHPを持っているが、言いたいこと言うとレスがうざったいので分け、こっちで主張することにした。
思想的バックボーンとかはあんまり無い。強いて言えばチョムスキーのようなラジカルな学者が好き。
一応、民主主義を擁護しており、権利や訴訟については少しだけ勉強した。
パンクロックが大好き。NOFX,ANTI-FLAG,STRIKE ANYWHERE,PENNYWISEなどポリティカルパンクが好き。
ミクスチャーだけどレイジアゲインストザマシーン最高。
嫌いな奴は、人間を舐めている奴。そういう奴にはツバを吐きかけるよう心がけている。
[PR]
by g2005 | 2004-12-11 22:52 | 自己紹介・サイト案内