<   2006年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

人の上に立つ、ということ

 本日は12時間勤務。ま、いいけどね。それよりも某幹部の発言が心に残るなあ。
 はじめてぶっちゃけますが俺は塾講師です。先日の幹部の、学費未納の生徒についての発言。いうまでもなく、払わないのは子どもでなく親。現場としては、子どもを傷つけずに親から金を戴くのがベストな対応であるのだが。


 「料金を払わないまま通塾するということは、お金を払うというルール守らなくても良い、と言うことを教えているような物です。だから、2ヶ月滞納した時点で生徒本人と面談して、あなたはお金を払っていないから通うことはできないと伝えてください。そうすれば未納金が3ヶ月、4ヶ月と溜まることはないでしょう。
 大体、子どもは、親が学費を払っていないことくらい気づいているはずなのです。だから、自分で新聞配達するなり、家事を手伝うなりすればいいのです。それが本人の勉強にもなります。」


 細かい部分はうろ覚えだが、生徒本人にぶっちゃけろと言うのである。その方が本人のためだと。なるほど。確かに教育学でいう「ヒドンカリキュラム」ではありましょう。だから、悪いことを学んでしまう前に、子どもを傷付けてもいいからぶっちゃけろと。それが子どものためだと。
一見正論に見えますが、正義の名の下に爆撃するどこかの国にそっくりな理屈です。相手のことを考えているようでいて、実は自分の都合しか無い所なんか実にそっくりですこの世のどこに、目の前で傷つく子どもを見たい人間がいるのでしょうか?しかも教え子ですよ?そんなことをしたらその日一日鬱で仕事できません。ていうか自殺したくなります。それとも「仕事」と割り切れとでも?





痛みは初めのうちだけ 慣れてしまえば大丈夫
そんなこと言えるあなたは ヒットラーにもなれるだろう
(THE BRUE HEARTS"ロクデナシ" )





 ところで、労働基準法を無視してサービス残業&早出させまくっているのはルールに反しないのでしょうか?
 他人に厳しく自分に甘いお方です。逆に、こういうことが言える人だから、人の上に立てるのでしょう。


 人の上に立つと言うことは、文字通り、人を人と思わず、踏み台か何かの如く、相手に思いを馳せることを放棄し、踏みにじって、そのうえに立つということなのかと、齢25にしてようやく理解できました。

マイケル・ムーアやNOFXには悪いけど、日本が銃社会だったらなあという思いを禁じ得ません。


 長くなりましたので、最後に、国連機関の1つである国際労働機関(ILO、当時は国際連盟の専門機関)が1944年5月に採択したフィラデルフィア宣言を、前投稿でも引用しましたが、引用しておわりにしたいと思います。一応念のためにいっておきますが、日本もILO加盟国であります。


国際労働機構の目的に関する宣言
 国際労働機構の総会は,その第26回会期としてフィラデルフィアに会合し,1944年5月10日,国際労働機構の目的及び加盟国の政策の基調をなすべき原則に関するこの宣言をここに採択する。

1 総会は,この機構の基礎となっている根本原則,特に次のことを再確認する。

(a) 労働は、商品ではない。
(b) 表現及び結社の自由は、不断の進歩のために欠くことができない。
(c) 一部の貧困は、全体の繁栄にとって危険である。
(d) 欠乏にたいする戦いは各国内における不屈の勇気をもって,且つ,労働者及び使用者の代表者が,政府の代表者と同等の地位において,一般の福祉を増進するために自由な討議及び民主的な決定にともに参加する継続的且つ協調的な国際的努力によって,遂行することを要する。
[PR]
by g2005 | 2006-02-19 23:57 | 主張

人間不信

本日は早出して仕事。契約社員2人が自主早出、所長を含む社員3人が遅刻というなかなか豪快な滑り出しでスタート。顧客(の親)らへの説明会と顧客の勉強会&テストというハードな3本並行。なんとか回す。

午後、ようやく手が空き、所長は顧客の未納金回収で遠出。
残留組はテスト採点や残務。早出の契約社員(女性)がぶっ倒れそうだったので、早めに退社しようということになり、一応所長に報告の電話。露骨に嫌な声。
俺→退社決定 社員A→来期も頑張る 社員B→退社決定 契約の女性→来期も頑張る
この状況で自主的に何かするだろうか?契約社員はどんなに頑張っても(幹部の見ているところで頑張らない限りは)給料上がらないし、ボーナスは一円も増えないし。社員は頑張れば3倍とか出るけど。

所長「頑張って目標達成してボーナスたっぷりもらいましょう!」

だから俺は頑張っても変わらないんだって。
頑張ったら社員になれる、っていったのは所長ですね。
嘘ばっかつかないでください。なんか、あんま信用できなくなってきました。
人間不信か、終わってるな、俺。
あー、はやく人間になりたい。
[PR]
by g2005 | 2006-02-18 23:48

使い捨て…なのか?

今日は業務終了後、所長から最近の業務について、おれたち若手三人へ色々とお話があった。要約すれば、周りを見て動け、気を配れ、ということだった。その後、帰りしなに所長に「話がある」と応接室へ。やはり来期のことだった。今日のお話は、俺に仕事が回りすぎている状況を見て、他の若手社員二人に対してのものだったようだ。そう評価されているだけでうれしかった。


 俺としては、現在の賃金は納得いかない点、特に俺と大差ない働きぶりの他の若手と月2~3万給料が違うのは納得できないこと、また、このまま契約社員を続けて、4月に新人社員が入ってきたらその時点で俺の方が給料が安いと言うことで、割と仕事が楽な夏まではともかく、冬場は絶対にキレてしまうであろう点を改めて伝えた。また、俺は5月に契約社員で入社したが、正規の研修を受けていないからそれは当然だとして、秋入社の新人が社員待遇であるのはなぜなのか。また、自分には夢があり、その夢は休暇が全く取れないこの職場では無理なことから、一生続ける気はないという点、さらに、一年間頑張ってもそれが評価されないのか、などの不信感も正直に伝えた。もちろん、


 そうしたらよく分かった。
 俺は使い捨てだ。会社にとって。


 俺がどう思っているかなんてどうでも良いんだろう。正社員よりも年50万以上安く使える労働力だ。オマケに、社員というエサをぶら下げればバカみたいに働いてくれる。理想的な労働力ではないか。もし辞めても次を雇えばいい。どうせ一生続ける気がないならこき使え。そんなところだろう。結局、頑張っても上(幹部)は見ていない。正直な気持ちを伝えてもバカをみるのはこっちだ。
 しかも、たいていの奴は、「あんな使えない正社員のせいで、俺に負担が来ている!」と現場で不満をため、不平等なシステムを作った幹部へは目がいかない。目がいっても逸らす。にらまれたくないから。まるで江戸時代の武士-農民-被差別民の関係ではないか。
 そして、そんなことは百も承知だが、それでもやっぱりキツイものはキツイし、ムカツクものはムカツクのだ。一体どうしたら良いんだろう。


弱い者達が夕暮れ 更に弱い者を叩く
(THE BLUE HEARTS"TRAIN-TRAIN")


 今、かなり嫌になっている。会社って奴は、どこもこうなのか?
俺は毎日、子どもに「想像力が大事だ」と言っている。その想像力で、相手の立場に立って考えてみることが大事だ、と。

 でも、それは間違っているらしい。

 これからは「自分のためにどんどん嘘をつけ。だませ。相手のことなんか思いやるな」とでも教えろということなのだろうか。


 今、かなり嫌になっている。
[PR]
by g2005 | 2006-02-14 02:34

フィラデルフィア宣言と現在

休日出勤決定。しかも明日は早朝ビラ配り。なんか間違ってない?重役は何もしないで金もらってるのに。


1998年、アメリカ、ニューヨーク市立大のマンツィオスは、こう指摘したという。

「企業の経営最高責任者一人が、六五人の労働者の生涯賃金を一年で稼いでしまうのである。人口の所得上位1%の所得が下位90%の人々の賃金より多いのである。」
(「ルポ 解雇 -今この国で起きていること-」184ページ/島本慈子著/岩波新書2003年)

いくら何でもそこまで格差は無いと信じたい。だが、一体このままではどうなってしまうのだろうか。


以下に引用するのは国際労働機関(ILO)のフィラデルフィア宣言である。


国際労働機関の目的に関する宣言

 国際労働機関の総会は、その第26回会期としてフィラデルフィアに会合し、1944年5月10日、国際労働機関の目的及び加盟国の政策の基調をなすべき原則に関するこの宣言をここに採択する。
 1 総会は、この機関の基礎となっている根本原則、特に次のことを再確認する。
 (a) 労働は、商品ではない。
 (b) 表現及び結社の自由は、不断の進歩のために欠くことができない。
 (c) 一部の貧困は、全体の繁栄にとって危険である。
 (d) 欠乏に対する戦は、各国内における不屈の勇気をもって、且つ、労働者及び使用者の代表者が、政府の代表者と同等の地位において、一般の福祉を増進するために自由な討議及び民主的な決定にともに参加する継続的且つ協調的な国際的努力によって、遂行することを要する。



 日本がなぜアジア太平洋戦争を引き起こしたのかを思い起こして欲しい。寄生地主による搾取で農家は食っていけず(一部の貧困、と言っても当時の国民の大多くは農民であるが)、次男三男を働きに出し、工場では財閥による搾取が待っており、まともな生活が送れない。従って内需は期待できず、産業は輸出依存型になるが、そもそも不当に安い賃金で国際競争力をつけているわけで、輸出先との貿易摩擦は必至…。賃金の代わりにナショナリズムで「満足感」を演出する。
今と似ていませんか。
不当に安い賃金は、結局平和のためにならんということです。
→貿易摩擦が起きるから
→ナショナリズムが燃え上がるから
の二点から。今、お隣の国を見ていたらまさにそうでしょう。あれは戦前の日本と全く同じであるし、程度の差はあれ現在の日本と同じです。

さらに、格差が広がり、固定化すると、暴力で社会をひっくり返そうとする人も出てくるでしょう。そんな社会を作りたいんですかね。
[PR]
by g2005 | 2006-02-07 02:52 | 主張