<   2006年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 「ワールドカップとか興味ないッス」って言ったら会社で変人扱いされた

ワールドカップの応援でケンカが起きたらしい。
しかもその理由が俺にとってさっぱり意味が分からない。以下はスポーツ報知より引用。
----------------------------------------------------------------------------------------------
<PV会場でサポーター暴発「負けたのに笑ってるんじゃねえ>
 サッカーW杯での日本代表の大逆転負けがサポーター同士の乱闘騒ぎまで巻き起こしていたことが13日、分かった。中田英寿選手の出身校・韮崎高がある山梨県韮崎市で行われた日本-オーストラリア戦のパブリックビューイング(PV)を終えた若者約10人がけんかに巻き込まれ、3人が負傷した。目撃者の証言によると、「負けたのに笑っているんじゃねえ」などの大声が聞こえたという。ジーコ日本のショッキングな敗戦が、一丸となっていたサポーターの内乱まで呼んでしまった。

 “中田の街”でサポーターの不満が爆発した。“舞台”となったのは、韮崎市の市営総合運動場体育館の駐車場付近。日本-オーストラリア戦のPVが終わった13日午前零時ごろ、「試合後で興奮していた」(同市職員)20代から30代の男性が、男女4人組のうち男性2人に対し、「日本が負けたのに、なにがうれしいんだ」と言い募ったのをきっかけに、サポーター10人を巻き込む乱闘に発展した。

 制止しようとした男性1人を含め3人が殴られ、うち1人が救急車で運ばれるなど、顔面や腕、足に打撲などのけがを負った。目撃者の話では「負けたのに笑ってるんじゃねえ」と言い争う声も聞こえたという。殴りかかった男性はそのまま逃亡。山梨県韮崎署では暴行事件として、負傷者や目撃者らから事情を聴いている。

 日本代表の中田英寿選手の母校、韮崎高校がある同市ではこの日、市営総合運動場体育館に大型スクリーンを設置。入場無料で、市民に限らず、誰でも観戦できたが、アルコール類の持ち込みは禁止。観戦者500人に市の職員40人が警備に当たるなど、万が一の暴動時の予防線は張っていたがトラブルは起こった。
(注:以下略)
2006年06月14日08時15分 スポーツ報知

----------------------------------------------------------------------------------------------

 前から思っていたのだが、なぜ見ず知らずの他人がスポーツをするイベントでここまで盛り上がってしまうのだろうか?
 仕事で疲れて、まだ週も半ば、たまにはスポーツ観戦でひいきのチームを応援してウサを晴らすか、というなら分からないでもない。そういう息抜きも必要だ。一部の天才を除いては、そこまで目的合理的には生きられない。
 だが、なぜここまで一体化できてしまうのだろう?このケンカを売った「サポーター」なる人々には「自分」がないのだろうか。なんだかファッショな感じがする。自分以外の人間がどう考えているかは関係ないらしく、自分と同じようにすることを求め、気に入らないから殴る。うーむ、ファッショ。自分の大事なモノをけなされたので切れたということなのか?熱狂的なサポーターにとって日本代表とはそんなに大事なのか?
自分じゃないのに?
 「兄弟」と呼んでいる自分の親友が笑われたら、俺も同じコトをするだろうけどね。それくらい大事なのかな?



 グリーン・デイはアルバム「アメリカンイディオット」で、あるパンクロッカーの生涯を描く。郊外に生まれた少年(ジーザス・オブ・サバービア)は孤独を抱えながら成長し、やがてパンクの季節を迎える。無敵のパンクロッカー「セイント・ジミー」はセックス・ドラッグ&ロックンロールな生活にハマる。
 渋谷陽一によると、カート・コバーンの死以降、パンクも含めた広義ロックはこの世界観を乗り越えることができなかった。パンクの季節が終わりに近づくと、若者は、イノセントを抱えながら矛盾に耐えられず死ぬしかなかった。
 だがグリーン・デイはそうは歌わなかった。確かに「セイント・ジミー」としてのパンクロッカーは「自殺」した。パンクの季節を「卒業」したかつての少年は家に帰るというストーリーだ。
 なぜ生きて帰らなければならなかったのか。グリーンデイのバンドメンバーが結婚し、子供がいるメンバーもいることと関係があるのかも知れない。家に帰って、親として子供に係わらなければならないし、子供が幸せになれるようクソッタレな世界をなんとかしなければならない。だから家に帰れとグリーン・デイは歌う。それは、ライブアルバム「ブレット・イン・バイブル」からも明らかだ。

 「たまにはパンクで暴れろよ。暴れてスカッとしたら家に帰ってやるべきコトをやれ」

 ワールドカップで熱狂するのもいいだろう。だがそこにお前はいないし、いくら熱狂しても何も変わらないという絶望があるだけだ。自分が主役であるべき場所-家に帰り、やるべきコトをやらないといけない。そうしなければ何も変わらないし、成長もできない。かりそめの一体感は味わえてもその後に残るのは空しさだけだ。その程度のことがまだわからないのだろうか。
 韓流オバサンも2次元オタクもジャニーズ追っかけもオウム信者もワールドカップ熱狂的サポーターもメンタリティーとしては同じだ。自分以外の何かに異常にハマってしまうメンタリティ。主体性の欠如。お前の人生において、一番大事なのはワールドカップで応援することなのか?


 まあ、人生で一番大事なことが見つからないから誤魔化しているのだろう、と俺は思う。本人たちは否定するだろうけど。
 俺にとって人生とはクライミングであり、バンド(といってもまだ2回しかセッションしていないけど)であり、それを一緒にエンジョイする仲間との時間だ。


 鈴木謙造というクライマーがいた。アルプスのリスカム北壁をフリーソロし、その下山中の気持ちを彼はこう書いている。

「僕は鈴木謙造でよかった。涙は出ない。涙は感情表現の極みでは無いみたいだし、終わった後の感情は、いつだって期待していたものとは違う」

 ワールドカップで騒いでいる人にこの文章の意味は分からないだろう。自分の力で望んでいたものを手に入れたとき、こんな気持ちになるのかも知れない。俺は残念ながらそこまでは打ち込んでいないし、全身全霊をかけてはいない。いつかは鈴木謙造さんの視点に立ちたいと思うし、近づけるだけ近づこうと思っている。一方、ワールドカップで熱狂的に応援している人々は、永遠に中田や稲本の視点に立てることはないだろう。近づくこともできないだろう。
[PR]
by g2005 | 2006-06-15 23:19 | 主張

自民党第二広報部化した読売新聞

以下は読売新聞の社説。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[歳出歳入改革]「税収拡大で手を緩めてはならぬ」

 予想以上の税収拡大は大いに歓迎したい。だが、財政再建の手を緩めてはなるまい。

 景気の回復で企業の収益が伸び、個人所得もかなり改善してきた。その恩恵が法人税や所得税などの税収に及び、昨年度の国の税収は49兆円を超す見通しになった。

 財務省は当初、税収を44兆円と見込んでいたが、補正予算で47兆円に上方修正した。それを2兆円も上回るわけだ。

 今後も、税収の拡大傾向が続くとの見方が強い。所得税の20%を割り引く定率減税が今年から半減され、来年からは完全に廃止される。

 赤字に陥った場合、損失を翌年度以降の利益と相殺できる制度によって、法人税を納めてこなかった企業からの納税も復活するものと見られる。

 今年度予算の税収は約46兆円とされていたが、50兆円の大台に乗る可能性もある。バブル崩壊以降、長い間低迷してきた税収が、本格的な回復軌道に乗ることについては、素直に喜んでいい。

 ただ、気になる動きがある。7月にまとめる歳出・歳入一体改革案作りに取り組んでいる政府・与党の姿勢だ。

 財政の健全性を示す基礎的財政収支の赤字解消を、目標とする2011年度に実現するには、20兆円の財源不足を解消する必要があると試算されていた。不足分は歳出削減と消費税率引き上げなどの増税で、半分ずつ賄う方針だった。

 そこに税収増という追い風が吹いた。これを当てにして政府・与党は、財源不足額を
10兆円台半ばに下方修正する算段に入った。財源不足額が少なくなれば、必要な歳出削減や増税の幅も、それに合わせて手加減できるというわけだ。

 歳出削減や増税に伴う痛みを、極力回避したいのだろう。だが、ここで腰が引けてしまえば、緊縮ムードが一気に霧散する恐れがある。

 税収は景気次第で大きく変動する。実際、世界的な株価下落など、微妙な動きが起きている。好調な時点の税収を前提に置くと、あとで痛い目に遭うのは、過去の財政史が教えるところだ。

 見直さなければならないのは、むしろ財政再建の目標の方である。基礎的財政収支の赤字が解消しても、20兆円近い国債発行が続く。発行額を極力抑え、積もりつもった国債残高を着実に減らすような目標に、設定し直す必要がある。

 景気動向にあまり左右されず、確実な税収が望めるのが消費税だ。財政再建を進めるには、消費税率の早期引き上げが欠かせぬことを改めて銘記すべきだ。

(2006年6月12日1時30分 読売新聞)
----------------------------------------------------------------------------------------------

 それによる国民のメリット・デメリットを全く示さずに、とにかく消費税上げと歳費(=おそらく社会保障費)削減を主張している。これが日本で(ということは世界で)1、2を争う発行部数を誇る大手新聞社なのか…。
 消費税率アップは景気後退を招くおそれがある。加えて、タダでさえ所得格差が広がっているのにこれ以上底辺~低所得層を虐めてどうしようというのだろうか?今の俺は多少所得が上がったので耐えられるが、去年までの俺なら本当にヒーヒー言ってるだろう。定率減税半分にカットされて、来年には全額カットらしい。そうすると、俺の手取りがまた下がるわけだ。読売の社員も同じ境遇の筈なのにね。まあ上司がこわいんだろうけど、噛みつく勇気が無いならジャーナリストなどと名乗らないで欲しい。俺たち労働者は確かに首輪をつけられている。だが噛みつく勇気、引っ掻く力を失ったら本当に奴隷だ。俺はせめて飼い猫でありたい。メシはもらってるし、たまに猫なで声を出したりもするけど、いつでも引っ掻く準備はできてるぜ。
[PR]
by g2005 | 2006-06-13 00:56

ええ~

 【バグダッド8日共同】イラクのマリキ首相は八日、イスラム教スンニ派武装集団「イラク聖戦アルカイダ組織」を率いて大規模な無差別テロを繰り返し、香田証生さん=当時(24)=殺害にも関与したヨルダン人、アブムサブ・ザルカウィ容疑者(39)が七日夕、首都バグダッド北方で米軍の空爆により殺害されたと発表した。

 治安悪化の元凶とされるザルカウィ容疑者を殺害、治安閣僚がようやく決まったことは、治安回復を最大課題とする新政府にとり大きな前進。支持率低迷に苦しむブッシュ米政権が「対テロ戦争」の成果を誇示する格好の材料ともなりそうだ。

 ただ宗派対立を背景にしたテロが続発する中、AP通信によると、八日もバグダッドの市場などで少なくとも計十九人が死亡する爆弾テロが発生、早期に治安が改善する見通しは立っていない。

 「アルカイダ組織」を名乗るグループも同日、ザルカウィ容疑者の死亡を認める声明をウェブサイトで発表。ハリルザド駐イラク米大使は同容疑者殺害を「大きな成功」と評価した。

 首相らによると、ザルカウィ容疑者は中部バクバ近郊の民家で、イラク軍と米軍の合同作戦により、女性二人を含む側近七人とともに殺害された。同容疑者は空爆で重傷を負い、その後死亡、遺体はイラク当局に引き渡された。指紋や顔の特徴などから本人と確認された。十日ほど前に地元住民らから同容疑者の所在について情報提供があったという。

 ザルカウィ容疑者率いる組織は二〇〇四年十月、国際テロ組織アルカイダ指導者のウサマ・ビンラディン容疑者に忠誠を誓う声明を発表。その後も米軍やイラク治安部隊、シーア派などへの攻撃を呼び掛けていた。米軍は二千五百万ドル(約二十八億五千万円)の懸賞金付きで行方を追っていた。

 
【埼玉新聞】
 --------------------------------------------------------------------------------

 新イラク・そして現アメリカは本当に法治国家なのか?
1.カザルウィさんがテロリストで、かつ犯行をおかしたという決定的な証拠が提示されていない。
2.仮にカザルウィさんが殺人を犯したテロリストだとしても、それらは当然法廷で立証され、法に基づいて裁かれなければならない。このようなやり方はクリアチャンネルやフォックスTVで言うところの「イスラム原理主義」の方法と何ら変わらない。
3.爆撃できるくらいなら、まずその地域の封鎖+空挺部隊の降下で逮捕することだって可能のはずなのになぜそれをしなかったのか。
4.仮にカザルウィさんが万死に値するテロリストで、かつ緊急に爆撃して殺害しないと逃げられる事態だったとして、周りの者は果たして殺されるに値するほどの罪を犯していたのか(2の観点は置いておいて)
 ざっと考えただけでこれだけ疑問が浮かんできた。この調子で都合の悪い人物を「テロリスト」にして次々と殺すことが可能なのではないか?声明を発表したり、ウェブ上で呼びかけるなんてコトは誰だって何時だってできる。情報機関がでっち上げることなど造作もないだろう。(もちろん裁判も完全ではないが)

 そして、もっと怖いのは、教育学で言うヒドンカリキュラム。「自分さえ納得できる理由さえあれば、暗殺してもよい」ということをこの事件は全世界に広めている。

 日本人を手にかけたかも知れない男だからこそ、その動機や経緯を知りたいと思うのだが。
[PR]
by g2005 | 2006-06-10 01:04

横浜市のベッドタウン ~育ちの故郷に行ってみた~

 社員旅行で東京ヒルトン(!)に宿泊。旅行といっても金曜の宴会と宿泊以外何一つ制約がないので、本社勤務のや東京近辺の営業所員はやることがない。ところが宴会で社長が「これで遊んでこい」と全出席者に5000円ばらまいたので、さすがにそのまま財布にいれてしまうのも不義理が過ぎる。中3まで住んでいた横浜栄区に行くことにした。

 根岸線の港南台で降りて、歩いて母校の中学校へ。
 通りから一本入って住宅地方面へ。あるいてみるとこのあたり、本当に家しかない。ビール片手にフラフラしようと思ってたが物理的にむり。中学校の前に昔あったスーパーは駐車場に変わっていた。
 中学になってからよく行くようになった公園は工事でキャッチボールすらできないありさま。やっと小さな酒屋を見つける(というか思い出す?)が、既に尿意がMAXでこの上ビールを飲むとやばそうだ。ていうか公園にトイレが全くないなあ。仕方ないので通りに出てコンビニで便所を借りる。
 次なる目標は俺の通った小学校。通学路の商店街は5割くらいがシャッター化。なんで?商店街の中にある昔よく来た「ラーメン藤」に入ったら、おばちゃんがまだ俺のことを覚えていてかなりビビった。
 その後もウロウロするが基本的に家しか無いので面白くも何ともない。市立のプールは入場料が子供60円→100円になってた。うーむ。そもそもこのプール、焼却炉の余熱を利用してるんだから原油価格の高騰は関係ない筈なんだが…
 家の近くにあったもう一つの商店街。こっちは、本屋の横にゲーム機が5台くらい並んでいて、1ゲーム30円くらいだったのでよく通った。が、今日は行かなければよかったね。商店街の8割(誇張でもなんでもない)がシャッター。うーむ。

 
 最後にこの町に来たのは大学一年の時だからもう6年前になる。その時はこんな風に歩き回らなかったし、頭も悪かった(今も大してよくないけど)から分からなかったけど、色々とあったみたいだな。というか、俺の「見る目」が変わったんだろうけど。
 まあ、住んでる奴が年取って、ガキは大人になって、大人は年寄りになって、その間にまたガキが生まれ、それで年寄りはさらに年取って死んだり介護施設に押し込まれたりっている変化はどこにでもあることで。
 ここってモロ「ベッドタウン」なのね。みんな家が立派、やたらと庭がキレイ、家に駐車場があるってのはもうデフォルトみたい。(1時間にバスが7~8本あるのに車がいるのか?)
 多分、パパは月~金は通勤、ママは専業主婦で買い物は車、ボーヤは学校に通って、土日は家族でショッピングモールに出かけたり、出かけないときパパはガーデニングってところだろうな。ここに住んでるガキ共は何してるんだろう?俺がガキの頃はそこら中で遊び回って、公園にはいつもガキがいて、場所の取り合いでケンカになったり野球でケリをつけたりしていたが、今の公園は草ぼーぼーだったりする。そのうち大事件が起きなきゃいいけどね。
 気になったのが「斜面にマンション建設反対」とか、宅地造成に反対する看板。おいおい、お前のすんでいるココだって、昔は山だったんだぜ。俺はオーケーだけどお前はダメってか。もう何十年も前から「建設予定」のままの高速道路予定地もそのまんま。まあどうでもいいけど。でも開発に反対するなら、分別とか相乗りとか公共交通機関の利用とか推進すべきなんだろうけど絶対やってないだろうね。
 買い物とか、ガソリン代とか保険などの総コスト+各家庭が遠出した場合の大気汚染やCO2排出を考えれば遠出するより近くの商店街の方が得だったりするんだけど、「車を持つこと」がデフォな地域で商店画の壊滅は避けられないようです。ステータスでもあるし、先のライフスタイルに疑問を持たないようではね。
 残るのは、車ににおいがついちゃう魚屋と、揚げたてのコロッケがオイシイ肉屋と、毎日買う野菜を売ってる八百屋だけ。たまにメシ屋。ちなみに池袋は逆で、メシ屋はどんどんチェーンに押されてるけどね。


 九州の田舎や東京の都心を体験し、大学でそこそこ勉強した俺の目に映った「故郷」は「病気」に見えました。あのままあそこに住んでいたら、あれが普通と思っていたわけで、引っ越しをしてくれた親に感謝しています。もしもあそこにいたら絶対に今パンクを聴かないしやってないだろうし、ましてやクライマーはやらなかったでしょうから。

 とはいえ、大なり小なりどんな所でも不健康な部分はあるわけで。田舎はやたら因習的で男尊女卑で、みたいなね。故郷は、カオスや不健康さが全くない、そういったイレギュラーな要素を徹底的に排していました。その意味で病気でした。なんというか、とにかくうさんくさいというか。真性ライトなウイングの方は、「崩壊していく古き良き日本」をどう思っているのでしょうか(笑)。まあ「昔がよくて今が悪い」ってのは大概の場合思い出を美化しているだけで、今日の俺は「昔からおかしかった故郷を再発見した」といったところだろうけど。帰りにアマルティア=センの「人間の安全保障」を読みながら、ああいう良い家に住んでいたら絶対に理解不能だろうなと思った。教育やまともな居住空間はあそこにとってデフォルトだろうから。同じ日本でも荘でもない地域は既にかなり存在するのですがね。
[PR]
by g2005 | 2006-06-03 22:08